対馬古写真図鑑

国境の島・対馬(つしま)に関する古い写真を収めたサイトです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
最近のコメント
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
対馬古写真図鑑 (写真No.10)
01-picts-011.jpg

■ 西沿岸船の功丸(いさおまる)は厳原港で見る九州郵船の船の中では一番小さくて、東沿岸船の男島丸(おじままる)とすぐに区別がつきました。
進駐軍のタイヤが10本もあるトラックに混じって、豆酸行きのバスが、私の幼稚園の頃(1955)には走っていたように思います。水色に一部、小豆色のボンネットバスでした。馬は、今で言うマイカーだったのでしょう。
厳原幼稚園の桜橋の下に馬を下ろして、馬が草を食んだり、洗ってやったりしているのを、園舎の中からいつも見ていました。(三浦 轍司)
■ 初代万関橋は、昭和13年生まれの父が子どもの頃に歩いた経験があるそうです。板が腐っていて怖かったとか(^^;)
対馬新聞によると、2代目万関橋は、昭和28年から3年の歳月と3300万円の工費を投じ、西岡竹次郎県知事の時に竣工したようです。(西@管理人)
■ 確実な記憶ではありませんが、昭和23年〜25年頃の写真ではないかと思います・・・当時、私が小学3年〜6年生の頃に九州郵船の定期船の功丸で西海岸から東海岸へ向かった時の記憶がこの写真と同じ風景でした。
その後、長崎県知事の西岡竹次郎さんの時に現在のアーチ式の万関橋に掛け替えが行われたと記憶しています。私は現在69歳ですので多分55年〜58年前の写真ではないかと思いますが・・・年度については若干の誤差があるかも分かりませんので悪しからずご了承下さい。(内山 勇一郎)
■ 昭和42年に小綱から小茂田まで船で引越しした記憶があります。当時は道路整備がされてなかったからか、船での移動も頻繁だったように思います。(JAN)
対馬古写真図鑑 (写真No.9)
01-picts-010.jpg


■ この写真が厳原町町報の表紙になった写真だとすると私が何処かに写ってます。対馬高校の運動会の応援写真ですよね〜(おうちゃん)
■ これは昭和29年頃の体育祭のとき、扮装し応援しているわたしです。(樋口 光民)
対馬古写真図鑑 (写真No.8)
01-picts-009.jpg

■ だんだんと思い出してきました^^。そういえば、池田のばあちゃん、いつもガミガミ言ってましたね(笑)(たろー)
■ 写真の前方左手に大西書店。右手のパチンコ屋さんの二階に「琥珀」が出きる前の写真ですね(たろー)
■ ライムさん、この橋は、池田の店から2つ目の橋で左手が東川端商店街で手前(写っていませんが)に食料品の栗屋、靴のやまさ屋が有り右手が西川端商店街(すずらん通り)で大阪屋さんが有りました。写真左側奥に立亀岩が見えます。ところで、池田の店のおばあちゃん、いたずらをしたら良く叱ってくれましたね。最近じゃよその子を本当に叱ってくれる方なんかおりませんよね。ありがとうございました。(フォルツァ)
■ 川端懐かしいですね。東川端に池田用品店?履き物店?があって、川の淵に階段があって綺麗な水が湧いてましたね。あの頃は水を飲む人が湧水の近くで次が野菜を洗う その下が洗濯や靴洗いみたいに自然と決まりがありましたね。(ライム)
■ この写真はやまさ屋の前の橋から川下に向かって撮った写真です。左前方に立亀岩が。(フォルツァ)
■ 橋を左側に渡ると職業安定所。右側は大阪屋衣料店。(三浦轍司)
■ 厳原町川端通りです。どの橋から撮影したんでしょうか?(西)
■ 正面中央の橋は「大手橋」ですね。大手橋左の軒からひさしが下に伸びているあたりが今の大西書店あたりと思います。右のパチンコ屋の前は,川の上に屋棚をせりだして,自転車置き場にしてありました。(杉)
対馬古写真図鑑 (写真No.7)
01-picts-008.jpg

■ ツツやと思いますね。(h)
対馬古写真図鑑 (写真No.6)
01-picts-007.jpg

■ 厳中ブラスバンド部が出来て二年目、1963年の写真です。八幡宮の下手から撮影したもの。トロンボーンに右から武藤、梯、三浦、その後ろにテューバの小倉の姿が見られます。(三浦 轍司)
■ 写真番号98の写真をみるとこの朝鮮総連?の建物は八幡宮の前ということになりそうですね(HAN)
対馬古写真図鑑 (写真No.5)
01-picts-006.jpg

■ 私が厳原小学校の4年生か5年生の頃(昭和37,8年)だったと思いますが、西鉄ライオンズの稲尾選手、高倉選手が来島されたことを憶えています。その時の写真ではないでしょうか?撮影場所はたぶん、今は市民グラウンドになっている厳原中学校の校庭です。金石川を背に清水山方向を見ると、写真のような坂道が見えました。(小島 明)
■ 母から稲尾さんが他の野球選手と三人で雉撃ちに来たと聞いたことがあります。 上対馬の方ですが・・・・(米田 祐治)
■ 前回、この方が稲尾さんではないか?と書き込んだのですが、別の写真に一緒に写っていた方が稲尾さんではないか、とご指摘を受けました。この黒いシャツの方はいったいどなた?(西)
■ 西鉄ライオンズの稲尾和久投手、という情報をいただきました。当時の事を御存知の方、いますか?(西)
対馬古写真図鑑 (写真No.4)
01-picts-005.jpg

■ 平成18年12月に浅藻より歩いてこの灯台まで行ってきました。灯台の銘板に初点:明治27年9月、改築:平成2年12月と記されていました。16年ほど前に改築されたようですが灯台上部は、以前とほとんど変わっていません。(本山 和徳)
■ 間違いなく神埼灯台です。灯台の反対側には宿舎があり、家族で住んでいた時もあったようです。対馬の南端にあります。(アイシス)
■ 神崎の灯台ではないでしょうか。建物は少し補修されているようですが。
HP「自然の中で」→対馬の山→州藻から神崎半島へ縦走をご覧下さい。よく似てるでしょう。(岩魚)
対馬古写真図鑑 (写真No.3)
01-picts-003.jpg

■ ここにも登場してますネ 暇な時には私も訪問してますヨ。このHPの中にもう一枚私が写っているのがありますヨ。探してネ 中三の時代。また何処かで会いましょう(隆之助)
■ いいぞ…いいぞ…!!ここまで出てきたとか…!!応援すっぞ…!!万関の架け替えの写真って初めて見ました。(河童)
■ これは1954・5年頃の2代目の架け替え工事です。奥が1代目、現在の3代目はあきらかに橋の形状が違います。3代目は1996年の架け替えであるし写真もカラ−の時代(隆之助)
■ この写真はどなたの提供でしょうか(来徳 愼次)
■ 万関橋3代目の工事中の写真。向側に見える橋が2代目であり、初代の橋はつり橋で板を敷いてあった。(桟原久之助
■ 万関橋の建設風景です(西)
対馬古写真図鑑 (写真No.2)
01-picts-002.jpg

■場所:江尻橋(石造り)
情報:江尻橋の南側から撮影
右側:2階建は、旧郵便局であり、前消防団2分団の格納庫(裏に浜殿神社有り)から横町通りを経て森木材店、協立病院、消防車格納庫、旧厳原公民館、池小路を経て茂村薬局の敷地の樹木が写っている。現在の郵便局と森木材店は相互に位置が変わっている。(旧郵便局は火災があった)
左側:端の欄干の左にあるのは、江崎菓子店、野間理髪店、それから高く屋根が見えるのが、江戸時代宗藩の古川家老の長屋門である。門の入口左側に江崎食堂、右側に食堂、履物店があった。樹木が写っているのは、山屋旅館のものと思われる。古川家老屋敷跡は山屋旅館であり、現在は文化財として発掘調査された後、道路敷となる。(桟原久之助(代理・西@管理人))
■左側の一段低い建物は岸原染工店ですね。岸原は昭和30年ごろには東川端の三木清氏宅の南側に引越ししていました。
空き家になったこの左手の建物は、短い間スマートボール場になりました。江崎は長屋門の中の野間散髪屋の南側にありました。
写真中央のエプロン姿は厳原幼稚園の幼児さんです。(三浦轍司)
■私が子どもの頃(昭和40年代)は、江崎かすまき屋は、お茶、かすまき、和菓子、そして、子どもに大人気の自家製あられ(今の羽衣あられとそっくり)があり、よく10円分買っていました。(ばら売りでした。)(山)
■左の一段低くなっている所は江崎かす巻き屋さん、その上手が山や旅館でした。(ふうちゃん)
■厳原町今屋敷の大町通りです。郵便局付近でしょうか(西)
■郵便局の所ですね。右に写っているハイカラな建物が郵便局でしたよ。
左の一段低くなっている所には,たしかお茶屋さんが在ったような気がします。(杉)
対馬古写真図鑑 (写真No.1)
01-picts-001.jpg

紙芝居の様子です。場所はどこでしょうか?

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.