対馬古写真図鑑

国境の島・対馬(つしま)に関する古い写真を収めたサイトです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
最近のコメント
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
対馬古写真図鑑 (写真No.31)
01-picts-032.jpg


■ 昭和37年?ここは豆酘中学校の近くではとの情報がありました けど?本当でしょうか? 屋根の上のお兄さん達を知ってる人はいませんか(pegasus)
■ 厳中の出身の方の情報によるとここは鶏知では?との事です(pegasus)
■ 中学時代の恩師が何人かいますネ。同級生もいるし後輩もいます。この町は?村は?何処でしょうか?この時代に映画館があったのは厳原か比田勝か。佐須奈には無かったような気がするけど 誰か場所の特定が出来る方・・・懐かしい一枚です。(pegasus)
■ 昭和35〜36年頃の中学校の全島大会ではないでしょうか?上県町のプラカ−ドの後ろにいるハンチング帽の先生に見覚えがあります。(sakenomi)
■ 「鉄砲安の生涯」の右側の幕は「猫が変じて虎になる」という映画です。これと前後して、「君恋し」という映画がかかったので私の中学時代です。昭和37年です。厳原では西川端の「公楽」が、夕方、女性の声で「街頭の皆様、こちらは公楽、公楽でございます」といって2本立て上映映画の解説をしていました。2週間上映するとフィルムが田舎回りをしたのです。(三浦 轍司)
■ 確か36年は比田勝で中学校の全島大会が在ったと思います。私が中2の時球技大会でバレ−ボ−ル選手で出ましたので・・。確か陸上競技と球技大会を上島と下島で交互にやっていように記憶しています。55歳〜60歳位の方か学校関係の方なら記憶に在ると思います(sakenomi)
■ 36年、37年と近似値でほっとしました。
映画は半年以上も先くらいまで、こういう作品が製作されて配給されます、ということで、ポスターやチラシが映画館に張り出してありました。ですから、上映中でなくてもいろんな作品の名前が映画館にあふれていても不思議じゃないと思います。
私は、玄海シネマの横に住んでいたので、映画が大好きでそこで、この作品を見たのかもしれません。
シネマスコープという凹面の横に広がった画面で、勝新太郎扮する鉄砲安が、ロシアの皇太子を撃つ、というストーリーでした。記憶に色はついていないのでモノクロだったかもしれません。
36年の球技大会の日が判ればいいですね。(三浦 轍司)
コメント
from: さすらい日乗   2018/06/02 9:22 AM
『鉄砲安の生涯』は、ロシア皇太子を津田三蔵の襲撃から助けたことから起きる波乱万丈の生涯の映画です。
製作年次は、1962年で、モノクロです。
当時の勝新はまだ大スターではないので、カラーではなく、『座頭市物語』も1作目はモノクロです。
勝新の「座頭市」へのステップともなった映画だと思います。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.